診療予約はコチラ

健康サポート

フォトギャラリー

携帯版URL登録フォーム

大熊医院

〒356-0004
ふじみ野市上福岡3-1-17
電話:049-261-0111

診療時間

午前 9時〜12時
午後 14時〜18時
(第2・4木曜日をのぞく。土曜は16時まで)

休診日

日曜・祝日、第2・4木曜

 

詳しい地図を見る

 

健康サポート

季節の健康トピック

コロナ禍での運動不足にご注意を

新型コロナウイルス感染症は依然として衰えを見せず、東京都、京都府、大阪府、兵庫県には4月25日、3度目となる「緊急事態宣言」が出されました。また、他の7県にも「まん延防止等重点措置」が取られ、飲食店の営業時間短縮などが要請されています。

こうした状況では、感染防止のため自宅に引きこもりがちになり、運動不足が健康状態を悪化させるリスクのあることが指摘されています。自宅で仕事をしている人は、テレワークなどにより座りっぱなしの時間が増えることで、腰痛や肩こりに悩まされたり、心のバランスを崩したりします。

これらを防止するには、少なくとも30分に1回は立ち上がり、身体を動かすようにするとよいでしょう。また、時間を決めてストレッチや体操をしたり、軽いジョギングを取り入れたりすると、より効果的です。

一方、高齢の人の中には、散歩や買い物で外出することが減ったというケースも多いのではないでしょうか。適度な運動は、ロコモティブシンドローム(運動器の障害による移動機能の低下)や認知症の防止にもつながります。無理のない範囲で、片足立ちやスクワット、散歩や体操をするようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症との戦いは、まだまだ続くことが予想されます。日常生活に定期的に運動を取り入れることで、終息までの期間を健康なまま乗り切りたいものです。


ページの先頭に戻る